【無料】希望の税理士さんを紹介してもらう
タックスボックスのサービス紹介はこちら
【業界別】税理士選びのコツ

【IT業界に強い税理士】とはどんな人?6つのポイントを紹介します!

【IT業界に強い税理士】とはどんな人?6つのポイントを紹介します!

 

ITに強い税理士さんってどんな人?何か特徴はある?

 

今回はIT関係の仕事をしている事業主様の疑問にお答えしていきます。

 

最近では、自分で会社を作ってIT事業をする意気込みのあるフリーランスの方も増えてきました。

ITは参入障壁が低く、あまりリスクなく始められるのが魅力です。

 

IT企業の増加に伴い、税理士の中でも「ITに強い」事をうたう事務所が増えてきました。

 

今回は「IT関係に強い税理士はどういう税理士か?」についてお話ししたいと思います。

 

ゲーム業界に強い税理士
ゲーム制作(業界)に強い税理士とは?【税理士選びのコツ】 今回はこちらの疑問にお答えてしていきます。 オンラインゲームやソーシャルゲームを開発するゲーム制作...

 

【はじめに】IT企業はどのような種類があるか?

 

まず最初にIT事業にはどのようなものがあるか?お話ししておきます。

 

●アプリケーション開発

●システム開発

●ECサイト運営

●ゲーム制作

●Webサイト制作

●ITサポート会社

●IT広告代理店

●通信サービス業界など

●SES事業

 

「IT」とひとえにいってもこれだけの種類があります。

 

インターネットを取り巻く業種、全てがITの仕事といえます。

 

1件あたりの単価が大きい業種も多く、IT関係特有の会計処理もあり、

税理士もそれに精通しているか否か】で会社に与える影響も変わってきます。

 

それではITに強い税理士とはどのような人か?お話ししていきます。

 

 

IT関係に強い税理士とはどういう人か?

 

ポイントは6つあります。

①クラウド会計を使いこなせる

②ITツールを普段使いしている

③若手の税理士(スタッフ)が揃っている

④資金調達に強い

⑤補助金・助成金に強い

⑥IT企業の顧問先が多い

 

それぞれみていきましょう。

 

①クラウド会計を使いこなせる

 

 

例えば会計ソフトでいえば、「freee」や「MFクラウド」など、クラウド会計を使っている税理士事務所があります。

 

●ネット環境さえ整えば、オンラインでつながれる

●リアルタイムで会社の財務状況を把握できる

●低料金で使い勝手が良い

 

上のようなメリットがあるため、クラウド会計は若手起業家に人気のある会計ソフトです。

 

税理士は古い体質のところが多いですが、クラウド会計が浸透してきました。

 

しかし、税理士の中でも十分に使いこなせていない事務所も多くあります。

 

こだわりがあるソフトを使っていると、なかなか最新のクラウド会計に移行ができないというのがあります。

 

自分たちが使えないものを顧問先にもすすめられないのが大きな理由です。

 

開業当初から、クラウド会計に触れている若手の税理士は、クラウド会計の使い方の指導もできますし、使い勝手の良さを伝えることもできます。

 

お客様でクラウド会計を取り入れていれば、クラウド会計を使いこなしている税理士事務所との相性はとてもいいといえます。

 

ひとり税理士に任せるメリット
ひとり税理士に依頼するメリットデメリットとは?【税理士選びのコツ】 ひとり税理士とは、文字どおり「ひとりで事務所を運営している税理士さんのこと」です。 最近の税理士事務所は昔とは経営...

 

②ITツールを普段使いしている

 

 

今やチャットワークやLINE、スカイプなど【ITツールを普段使いしている】という点でもIT業界に強い税理士といえます。

 

ITツールを使いこなしていれば、IT企業は以下のようなメリットが得られます。

 

●効率的に時間を使えるようになる。

●直接訪問がなくてもミーティングができる。

●相手の時間を邪魔させるがない。

●時間が空いている時にレスポンスができるようになる。

 

IT会社では社員同士の意思疎通をチャットワークやスカイプなどで共有しているところも多いと思います。

 

税理士もITツールが日常的に使う事ができていれば、会社と同じように会議もできますし、やりとりも、断然スムーズにすることができます。

 

税理士が訪問する意味はある?
【税理士が訪問しない!】税理士が訪問する意味はある? 今回はこの疑問にお答えしていきたいと思います。 顧問契約をしていれば、税理士と顔を合わせて、打ち合...

 

③若手の税理士(スタッフ)が揃っている

 

 

IT関係に強い税理士を選ぶ上で、意思疎通の図りやすさは重要です。

 

年齢が若い税理士事務所を選ぶことで、伝えたい事がスムーズに相手に伝わりますし、そのぶんストレスなくコミュニケーションが取れるようになります。

 

税理士の平均年齢は65歳と呼ばれています。

 

年配の税理士より現在のITツールに慣れているところも多く、そのぶんレスポンスが早いこともあります。

若手の税理士でいうと独立して数年という方もいるため、若手起業家と同じ年代ということも珍しくありません。

 

同じ年代でスタートアップ時に色々相談が乗ってもらうことはいい影響を与えてくれます。

 

ITに強い税理士の紹介はこちら!

 

④資金調達に強い

 

 

スタートアップ時は何かと資金がかかります。

IT企業にかかる経費で最も大きいのは、優秀な人材を確保するための「人件費」です。

 

最初に資金を確保するために「資金調達に強い税理士」とつながっておくことは重要です。

 

●金融機関の担当者を知っている

●〇〇銀行とのパイプがある

 

融資に対する壁を低くすることができます。

 

また日本政策金融公庫などでも、担当者との面談に同席したり、時には事業計画を作ってくれたりします。

専門知識もないとできないため、資金調達に税理士だとスタートアップ時だけではなく、

これから会社が大きくなっていく為の資金の相談にも力になってくれるでしょう。

 

資金調達に強い税理士とはどんなひと?
資金調達に強い税理士とはどんなひと?資金調達に詳しくない税理士にあたると大変 飲食店が新しく店舗を構えるとき、製造業が新たな設備投資を考えるとき、IT企業が多くの...

 

⑤補助金・助成金に強い

 

 

ITツールを導入する際、もらえる補助金があります。

 

IT導入補助金と呼ばれるものですが、ITツールの促進を促すことを目的にしたもので、そのための補助金を交付しています。

 

その申請方法を税理士が知っていると、その情報をフィードバックすることできます。

 

またその申請を顧問契約とは別に成功報酬で行ってくれたりします。

補助金の情報を知っていることも大きいですが、実際申請を代行してくれるところだと、なおさらIT企業はメリットがあるといえます。

 

ITに強い税理士の紹介はこちら!

 

⑥IT企業の顧問先が多い

 

 

IT関係のお客さんが多ければ、IT特有の内容もわかっていますし、情報のフィードバックもできます。

 

何より税理士の顧問先にIT企業が多ければ、社長さまから支持されているのもわかります。

 

いわば「顧問先の数」は税理士自身がその業界に信頼を得ているか、指標のようなものです。

 

【まとめ】ITに強い税理士は財務パートナーになって欲しいレベルで探す

今回は、IT関係に強い税理士についてお話ししました。

もう一度おさらいをしておきます。

【IT関係に強い税理士とは?】

①クラウド会計を使いこなせる

②ITツールを普段使いしている

③若手の税理士(スタッフ)が揃っている

④資金調達に強い

⑤補助金・助成金に強い

⑥IT企業の顧問先が多い

 

スタートアップ時や会社が成長するときに付き合う税理士は、

財務パートナーや会社の右腕のような存在になってくれる人を探すのがベストです。

 

税理士との付き合いがそのまま会社の利益に跳ね返ってくるからです。

 

ITの会社が増えるにつれ、税理士業界もますますその波に乗ってついていかなければなりません。

まだまだ完全に浸透しているといえないからこそ、税理士探しも上記の6つを踏まえて見つけていかなければなりません。

 

IT関係に強い税理士はこちら!

 

ABOUT ME
山崎友也
山崎友也
「タックスボイス」運営者の山崎です。 税理士紹介のコーディネーターをしています。 日々電車に揺られ西に東に奔走しています。 税理士さんについて知らない社長さまも多く、考え方のギャップを 埋めたい!と思いブログサイトを立ち上げました。
x
LINE友だち追加