【無料】希望の税理士さんを紹介してもらう
タックスボックスのサービス紹介はこちら
税理士選びのコツ

英語対応・英語が話せる税理士はどう探せばいいの?【税理士探しのコツ】

英語対応・英語が話せる税理士はどう探せばいいの?【税理士探しのコツ】

最近では、

「日本に進出する外資系企業」が増えたことや、

日本で起業する外国人経営者」が増加した事で、

英語でやりとりができる税理士を探すかたも昔に比べて多くなってきました。

 

英語でのコミュニケーションだけでなく、親会社が海外にあれば、月々のマンスリーレポートを英語で送る必要があったり、

時には直接、打ち合わせに同席して、財務状況を話す必要もあるため、英語を使えることが求められることが多くあります。

 

しかしそれほど英語に対応している税理士は多くはありません。

 

今回は「英語ができる税理士をどう見つければいいのか?」そのポイントについてお話ししたいと思います。

 

なぜ英語に対応していない税理士が多いのか?

 

国際色が豊かになってきた日本ですが、その一方税理士業界ではその対応が遅れていると感じます。

日本ではもちろん相手が「日本人」のため、英語を迫られる場面が極端に少ないのです。

 

そのため税理士自身、【英語の必要性を感じていない】方が大多数いることに気づきます。

 

英語に対応をしていない理由は、この一点につきます。

 

 

むしろ英語対応ということで断る税理士が多い!

 

英語対応を求められれば、税理士側も多くの時間を割かなければなりません。

そのため、むしろ英語対応ということで、その場で依頼を断る税理士が多いことは止むを得ません。

たとえ社長側で月々の顧問料が高く支払ってもいい意思があっても、やりとりに支障が出てきてしまえば、割に合わないと感じるからです。

 

日常会話であれば、話せる人もぐっと多くなりますが、税務会計レベルの会話になると、難しいボキャブラリーが一気に増えます。

 

税理士はアドバイスをするためにリスクや解釈をかみ砕いて、社長に伝えなければなりません。

 

もし間違って伝わってしまえば、それは会社にとってもリスクとなりますが、その責任を税理士側で負担する事も考えられます。

 

英語対応の税理士をどう探せばいいか?

 

もしあなたが英語対応の税理士を探すならば、その税理士事務所のサイトで判断する必要があります。

 

英語対応をしている税理士事務所の特徴としては、以下のポイントがあります。

 

例えば、

・所長のプロフィールに英語対応が可能なことが書いてある

・外資系の税理士法人に勤めた経験があり、外国人相手に仕事をしていた

・〇〇国際会計事務所という事務所名である

・通常の税務サービスに加えて、英語対応のサービスを打ち出している

・お客様を「外資系企業」のみ受けつけている

 

以上のことからも英語対応ができる税理士を知ることができます。

 

日本語しかできない税理士が多い中で、英語対応ができるというのは一つの武器になります。そのため、対応している税理士は、それを強く打ち出しています。

 

上のポイント1つとってみても、分かりやすいですが、検索エンジンに引っかかってこない英語対応な税理士もいます。

もし自分で見つけることが手間と感じる場合は、下記からご連絡ください。

 

英語対応の税理士はこちらから!

 

所長税理士でなく担当者が英語対応できる場合もある

 

所長のプロフィールでは、英語対応が可能なことが書いてある場合がありますが、事務所内のスタッフに英語ができる人が在籍している場合もあります。

 

所長が忙しい税理士事務所では、直接、所長が担当できないこともあります。

そのため、担当者でバイリンガルがいれば、所長に代わってやりとりできるため、そちらの方が都合のいい場合もあるのです。

 

しかしこればかりは、ホームページで謳っていることも少なく、税理士紹介サイトや、税理士に詳しい人が頼んで見つけてもらうのがベストです。

 

英語対応の税理士はこちらから!

 

国際税務(IFRS)に対応している会計士とは?

 

また英語対応を求める一方、国際税務に詳しい税理士を求めている方もいると思います。

国境を越えての取引が生じると、どうしても外国での税制を求められる事も多くなります。

 

しかし国際税務は税理士の仕事とは全くカラーが違います。

そのため税理士よりも会計士のほうが対応している方が多いでしょう。

しかし会計士の中でも国際税務に対応している人は限られており、はっきりと分かれます。

 

 

国際財務(IFRS)に対応している会計士を探すポイント

 

従業員数が格段に多い、大手の会計事務所であれば、【国際税務専門のサービス】をチームを組んで、対応しているところもあります。

いわゆるBIG4と言われる大手4大会計事務所です。

 

KPMG【KPMG】

PWC【プライスウォーターハウスクーパース】

EY【アーンストアンド ヤング】

DTT【デロイトトウシュトーマツ】

 

 

もちろん英語対応も可能なスタッフも多く、安心はできますが、総じて時間あたりの料金が高く、顧問料は相場よりもかなり高めと言えます。

(その分優秀な人材がパートナーとしてつくメリットはありますが)

 

大手ではなく国際税務に対応している個人事務所を探すポイントは?

 

もし個人の会計事務所で探す場合は、【国際税務に特化している事務所】を探します。

 

特化している会計事務所は、「〇〇国際会計事務所」と事務所名を表記してあるため、そこからも確認することができます。

 

また所長が、米国公認会計士や米国税理士のライセンスを取得している方も国際税務に対応している一つの確認方法です。

 

もちろん普通の法人決算に比べて、特別な知識を持っている会計士のため、やはり一般の会計事務所より、顧問料は高めです。

 

場合によっては初回面談で、相談料を請求しているところもありますので、確認が必要です。【相場は大体1万円ほど】

 

 

英語対応している税理士はこちらから!

 

 

【まとめ】英語対応の税理士をお求めならタックスボイスへご相談ください

 

 

今回は英語に対応している税理士国際税務に特化している税理士を見つけるポイントについてお話ししました。

 

英語でのやりとりは、税理士も苦労することが多いため、受けられる人が全体でもかなり限られてきます。

 

大手の会計事務所では任せておいて確実性はあると思いますが、中小企業で年商がそれほど多くなくて、英語対応の税理士を求める方もいると思います。

 

そのような方のために、個人会計で英語に対応している税理士、公認会計士との繋がりもありますので、ぜひご相談ください。

 

英語対応の税理士はこちらから!

 

【英語はこちらから読めます!】How to find an English-speaking tax accountant?

 

The needs of English speaking tax accountants are increased due to
the number of foreign-funded enterprises coming in Japan have increased recently, therefore
foreign business owners starting business in Japan have also increased.

Not only English communication, but also need to have English skills in many ways.
If parent company is overseas they need to make monthly reports in English and send them, and
sometime attend meeting and discuss about financial situations.

However, not many tax accountants are not capable of English.

Today I would like to talk about points of “How to find English speaking tax accountant”.

Why not many tax accountants capable of English?

Japan have become international, but tax accountants are not in same speed and slow.

There are not many situations in Japan needing English because in Japan most is Japanese.
Therefore many tax accountants tend to think that they do not need English skills.

This is most biggest reason why they are not have English skills.
In fact there are many tax accountants refuse because of English.

If they are asked to proceed with English, they also need to spend a lot of time for it.
It is understandable to refuse request because of English.
Even company side is willing to pay higher there will be miss-understanding and tend to think it is not worth doing it.

There might be many more if only with usual communications, but becoming to financial accounting level there will be many difficult vocabularies to handle.

Tax accountant have to be able to explain in detail regarding risk and interpretation in order to advise to company president.

If there is miss-understanding that means company will have risk, but also tax accountant need to have that responsible also.

How to find English capable tax accountants?

If you want to find English capable tax accountant, you need to identify from websites.

These are the points to find English capable tax accountant.

For Example,

・Indicating chief accountant have English skills
・Have experience in foreign-affiliated tax accountant corporation and worked with foreign people
・Have their office name with international accounting
・Indicating English capable to usual tax affairs
・Only accepting foreign-funded enterprises

With above you can understand they have English skills.

There are many tax accountants not capable of English, but being English capable would be huge benefit. Because of that capable tax accountant will have it right in front.

It will be easy to understand by taking one of points in above, there are few who will not be listed by searching.

If you think it is hard to find, Please contact below.

 

Inquiry form

 

Person in charge might be capable and not chief accountant

In profile of chief accountant it may say that English capable, but sometime staff of the office is capable.

Office with busy chief accountant there he might not be able to be in charge.

If person in charge is bilingual that person can communicate, sometimes better in that way.

But it is very rare that it is indicated in website, so it would be better either go to tax account search engine or ask who knows a lot about tax accountants.

An accountant who supports International Taxation (IFRS)?

Some of you might not only looking for English capable, but also looking for who is good at international taxation.

It is often the case that foreign tax systems knowledge are required when cross-border transactions occurs.

But international taxation is totally different from normal tax accountant’s job.

So most cases leave it accountant and not to tax accountant.

But there are only limited people who can handle international taxing.

Points of how to find an accountant who supports International Taxation (IFRS)

There are office having “International taxation specialized service” team gathered if the office is huge and with many workers.

Big four accounting office being said as “BIG4”.

KPMG【KPMG】

PWC【PricewaterhouseCoopers】

EY【Ernst & Young】

DTT【Deloitte Touche Tohmatsu】

Of course it is reliable with having many English capable staff, time cost will be expensive and the advisory fee is considerably higher than the market price.

(There will be benefit that you’d be having excellent resource to work with though)

Points of finding personal office capable of international taxation?

If you want to find personal accounting office, then need to find with “Specialized of international taxation”.

You may find out by the name of office with having “international accounting office”.

Or confirm by look up with chef accountant with US certified public accountant or a US tax accountant is one of the ways.

It will be accountant with having special knowledge, so advisory fee will be expensive.

There might be the case that they will ask for consultation fee from first time, so need to confirm.
(The market price is about 10,000 yen)

If looking for tax accountant with English skills, please contact Tax Voice

Today mentioned points how to find English capable tax accountant specialized with international taxation.

There are limited numbers of accountants who can handle and proceed with English.

It is certainty better leaving it to major accounting office, but we think that there are some small and medium-sized enterprises that do not have a lot of annual sales and are looking for a tax accountant with English skills.

For such people, we also have connections with tax accountants and certified accountants who have English skills in personal accounting, so please feel free to contact us.

 

Inquiry form

 

ABOUT ME
山崎友也
山崎友也
「タックスボイス」運営者の山崎です。 税理士紹介のコーディネーターをしています。 日々電車に揺られ西に東に奔走しています。 税理士さんについて知らない社長さまも多く、考え方のギャップを 埋めたい!と思いブログサイトを立ち上げました。
x
LINE友だち追加