【無料】希望の税理士さんを紹介してもらう
タックスボックスのサービス紹介はこちら
事業

【朗報】東京都の家賃支援給付金の支給が決定しました!【申請は簡単です】

東京都 家賃支援給付金

 

8月17日からスタートした、東京都の家賃支援給付金についてお話ししたいと思います。

 

まずはじめに、東京都の家賃給付金は一体どういう制度か?簡単にまとめておきます。

 

●国の持続化給付金をもらった人が対象
●都内物件のみ
●オンライン、郵送どちらでもOK
●家賃×1/12×3ヶ月分
●申請期間 2020年8月17日〜2021年2月15日

 

ざっくりまとめますとこのようになります。

もう少し深掘りしてみていきましょう。

 

特別家賃支援給付金とは?
【特別家賃支援給付金とは?】中小企業600万!対象者や申請方法を解説! 今回は特別家賃支援給付金についてお話しします。 この給付金は、店舗経営をされている事業主は必見です...

 

【東京都の家賃支援給付金】3つのポイントを解説!

 

東京都の家賃支援給付金のポイントは3つです。

① 要件は?
② どんな書類が必要になるか?
③ 実際いくらもらえるのか?

 

それでは一つずつみていきましょう。

 

 

①要件は?

 

 

東京都の家賃支援給付金を受けるには3つの要件に当てはまる
ことが必要です。

 

1国の家賃支援給付金を受けている(大前提)
2東京都に本店、支店を持っている
3東京都の物件に家賃を支払っている

 

この3つです。

 

国の家賃支援給付金を受けており、東京都に物件を持っている方は、「絶対」申請したほうがいいですね。

 

基本的にオンライン申請ですが、郵送でも受け付けています。

下にオンライン申請のURLと郵送先の住所を貼っておきますので、ご参考ください。

 

東京都家賃等支援給付金ポータルサイト

オンライン申請フォーム

●郵送先

〒174-8799 日本郵便株式会社 板橋北郵便局 郵便私書箱 第 26 号
東京都家賃等支援給付金 申請受付 宛 (2月15日消印有効)

 

 

②どんな書類が必要になるか?

 

以下の書類が必要になります。

①国の給付申請書の写し
②申請書(郵送のみ)
③誓約書
④確定申告書1枚目
⑤本人確認書類
(法人概況説明書の表)
⑥通帳の写し(表紙と見開き1ページ目)

 

④〜⑥は国の家賃支援給付金と同じですね。

東京都の家賃支援は、国の給付金に比べて揃える書類は、かなりシンプルになっています。

 

③いくらもらえるのか?

 

 

東京都の家賃支援給付金は、法人でMax 37.5万円、個人でMax 18.75万円をもらえます。

 

計算式は以下になっています。

【出典 東京都家賃等支援給付金 HP】

 

基準額というのは、国の家賃支援給付金の対象となった「都内物件の家賃総額(月額)」です。

わかりやすいように詳しくみていきましょう。

 

【法人・個人家賃15万円支払っている】

国の場合
15万円×2/3×6=60万円

 

東京都の場合
15万円×1/12×3=3.75万円

 

2つを比較をしてみました。

やはり上乗せ支給なので、東京都の場合は、金額が少ないと感じますが、
申請はとても簡単なので、要件に当てはまる方は、絶対申請するべきです。

 

【まとめ】

 

今回は東京都の家賃支援給付金についてお話ししました。

 

前回1回目の東京都感染拡大防止協力金は、給付されるまでが遅かったのを覚えています。

およそ1.5ヶ月くらいかかりましたが、2回目については申請番号を
記載するだけで、1週間くらいで入金されました。

 

今回も国の家賃支援給付金とセットにすることで、早い支給を目指しているのだと
思います。

まず国からの家賃支援給付金が先になりますので、まだ申請されていない方は早めに申請をして、東京都からの家賃支援も申請できるようにしましょう。

 

また家賃支援給付金のサポートも行なっていますので、申請の仕方がわからないという方はぜひご相談ください。

 

税理士の紹介はこちら!

 

ABOUT ME
山崎友也
山崎友也
「タックスボイス」運営者の山崎です。 税理士紹介のコーディネーターをしています。 日々電車に揺られ西に東に奔走しています。 税理士さんについて知らない社長さまも多く、考え方のギャップを 埋めたい!と思いブログサイトを立ち上げました。
x
LINE友だち追加